姫路市の注文住宅ならわしお住建トップへ ->  家事のしやすい家って??

家事がしやすい家、しづらい家

新しい家を建てる際、あるいは、リフォームする際でも、一番気になる点と言えば、やはり家事のしやすい家ということになります。


家事がしやすい家は、生活が快適になります。
特に普段働いている主婦であれば、片付けて、料理して、洗濯して、という一通りの家事がスムーズに、効率的にできるかどうかが注目点となります。


逆に家事がしづらいと、結局時間がかかったり手間がかかったりして、そのうち家事もおざなりになって、非常に暮らしにくい家になってしまうようです。


要するに、家事のしやすい家イコール快適な家ということになります。


さて、家事のしやすい家というのは、具体的にはどういう家かと言うと、よく言われるのが「収納」です。
収納とは、ただ単に、引き出しや棚があれば、そこに押し込むのではなく、きちんと整理整頓ができていて、
どこに何があるのか、すぐにわかるように整えられていることです。
気の効く収納スペースがあれば、家事がしやすい家になります。


また、効率的に収納スペースを使うには、第一に、不要なものは捨てることです。
例えば、使わないものをいつまでも持っていても、おそらく一生使わない可能性があります。引き出し等を一度すべてチェックしてみてください。
そして、カテゴリー別に分けて収納すると家事がしやすい家になります。
収納がしっかりできていると、考えもすっきりしてきます。


そして、探す時間や考えている時間を省くことができますので、大変効率的になります。
家事のしやすい家とは、結局「収納スペースとその整頓」が基本です。

家事のしやすいキッチンにしよう

家事がしやすい家を考える時、やはりキッチンも最重要の場所のひとつです。


キッチンは、冷蔵庫、シンク、コンロといった3箇所の位置や高さ、サイズなどが使う人に適しているかで、
家事がしやすいかどうか違ってきます。
imageCA4T9D0Q.jpg
中でも、シンクは、料理時や後片付けなどにも、よく集中して使用する場所なので、非常に重要です。


まず、シンクの高さは、いかがでしょうか?シンクの高さが高すぎたり、低すぎたりしていませんか? 
あるいは、シンクの大きさはどうでしょう。シンクが小さすぎると、鍋などの洗いものがうまく洗えません。
調理台とシンクの位置は、距離がありすぎると、料理の際、非常に不便になります。


例えば、シンクで野菜を洗って、すぐに手早く調理台に持っていけるかどうか。
あるいは、野菜を調理代で切った後、鍋にいれて、すぐに持っていけるコンロへ、また、コンロで煮立ち終わったら、シンクに持って行って、お湯をきるなど、家事がしやすいように機能的なキッチンであることが望ましいのです。


さらに、より家事のしやすいキッチンにするには、キッチンの収納機能も考慮すべきです。
調味料、食器類、食品、冷蔵庫、ごみ箱など、すぐに取り出せる位置に、適度なサイズで配置されていることが大切です。


これらのものがよく配慮されていれば、キッチンでの家事もスピードアップできて、しかも大変仕事がスムーズに流れます。


たった1日では、あまり実感が湧かないかもしれませんが、キッチンは毎日使う場所ですから、日を追うごとに時間の節約にも繋がってゆきます。


姫路市の注文住宅ならわしお住建トップへ ->  家事のしやすい家って??
見学会 小冊子  はりま住宅本に掲載されました。
VOL.12
harima12.jpg VOL.10
book10.jpg VOL.9
book2.jpg VOL.8
harima3.jpg